がん検査

癌の疑いがあると診断されてから、確定に至るまでにはいくつかの検査をしていくことが必要になります。
その検査にも様々な種類があり、いくつかの方法を組み合わせた結果により最終的に癌であるという診断がつきます。

(1)がん検査の種類と主な検査部位(がん検査の場合)

癌と診断が出るまでには、いくつかの検査を重ねていきます。
また、部位によっては検査できない場所や不向きの部位があるため、それに応じた検査法を用いていきます。

1)超音波(エコー)検査:腹部臓器、甲状腺、乳腺、膀胱など

超音波によって画像検査をするものです。まず、問診や触診などで異常が疑われた場合に検査をするもので、比較的最初の段階で検査を行います。ここで、異常が見つかった場合は、さらに詳しい検査へと進んでいきます。
また、人間ドックなどにも組み込まれている検査であり、スクリーニング検査としても使われています。

2)X線検査(レントゲン):肺、骨、乳房、消化管(胃・小腸・大腸)など

一般的にレントゲンと言われているものは、胸部X線検査です。肺に影がないかどうかなどを見ています。また、人間ドックなどでよくあるバリウム検査というのは、胃のX線検査のことです。
初期の段階での検査になり、この検査で異常があると疑いがあった場合はさらに詳しい検査をすることになります。

3)MRI検査:全身(胃や腸には不向き)、骨臀部、頭部

磁気と電波を用いて検査をします。磁気の埋め込まれたベッドに横になり、動かずに全身の検査をすることができます。そのため、頭部や脊椎などの検査によく使われ、精密検査としての役割があります。

4)CT検査:全身(悪性度の低いがん、薄く広がっているがんを見つけるのが得意)

X線を使用した検査でありコンピューターを通して画像診断をする検査です。これも大きなベッドに横になり、動くことなく検査をすることができます。
MRIと同様に、頭部や脊椎、骨の検査などによく使われます。造影剤の使用によって、より細部まで画像診断をすることができ、精密検査としての役割を持っています。

5)PET検査:血液

がん検診では、メインともいえる検査であり、癌細胞に目印をつけて早期発見をするという目的で使われている検査です。
検査薬を点滴で投入することで、体の中のがん細胞にだけ印をつけ、専用の装置で撮影をすることにより、発見します。
しかし、稀に他の細胞に取り込まれたり、悪性の低い細胞には反応しないこともあるので、確定診断をつけるには、他の検査も必要になってきます。

6)腫瘍マーカー:血液

血液検査の一種です。
がん細胞があると特定の物質が多くなるということを利用した検査です。しかし、この検査が異常値であっても、良性腫瘍の場合でも増えることがあるので、確定診断はできません。
他の検査も必要になってきます。

(参考文献:癌(がん)検査キットの詳細)

7)内視鏡検査:胃、大腸など

外科的な手術をすることなく、小さな管とカメラを使って、体内部を検査するものです。直接病変部を診ることができるというメリットがあります。
また、病変の疑いがある部分の組織を一部切り取り(生検)、病理検査へと組織をまわします。

8)病理検査:子宮内膜、口腔内膜、組織像

組織の一部を切り取ったものを細胞診検査します。内視鏡で切り取ったもの以外にも、口腔の粘膜や、子宮粘膜を綿棒でこすりとったものからも検査ができます。(そのため、人間ドッグなどでは、軽い疑いの場合でも検査を行う場合もあります。)
がんの診断には欠かせない検査であり、癌細胞であるかどうかを診断します。

また、癌細胞の中でもどのような種類の細胞なのかというのを、特定します。

9)骨髄検査

血液のがんである白血病の診断に必要な検査です。
骨髄穿刺と言われている骨髄を注射器で抜く作業をした後、骨髄の中に白血病細胞がどのくらいあるかを数える検査です。

(2)検査がもつ役割

検査は主に、スクリーニング、精密検査、確定検査の3つに分類することができます。

1)スクリーニング検査

よく最初の段階で行われる検査です。検査の第一選択肢といってもいいでしょう。
通常外来での検査、人間ドックでの検査がこれにあたります。
・血液検査
・尿検査
・腹部エコー検査
・レントゲン検査
・PET検査(がん検診の場合)
・腫瘍マーカー(人間ドックの場合)

2)精密検査

スクリーニング検査で異常が疑われた場合、または検査できない部位を調べたい時に行う検査です。
・MRI検査
・CT検査
・内視鏡検査
・PET検査
・腫瘍マーカー

3)確定検査

疑いが強い場合、診断を確定づけるために行う検査です。
・病理検査
・骨髄検査

(参考文献:検査キットの詳細)